本文へスキップ

転職応援サイト、就職・転職・求人サイトの情報を公開

転職応援サイト、就職・転職・求人サイトの情報を公開

転職に失敗する人

転職はキャリアアップの大きなチャンスです。しかし転職では失敗する可能性もありリスクの伴うものです。ではどのような人が転職に失敗するのでしょうか。

@転職の決意ができていない
同窓会で会った友人の話を聞いて触発されて転職したり、3年経ったしそろそろというような決意では転職に失敗するかもしれません。キャリアアップの構想をしっかりもって転職活動をしなければいけません。

A現状がよすぎる
現状がよすぎると転職して後悔することも多いです。大きな企業で働いていて転職すると、前の会社の通りに仕事がいかない、前の会社の環境の良さを感じることも多くあります。一度現状を見直し自分の置かれている立場を考えてみてから転職活動をすることが大切です。

B今の会社が嫌なだけ
転職の一番多い理由かもしれませんが、今の会社が嫌なだけで転職を考えるのは危険です。今の会社での問題解決も一つの選択肢として真摯に考え、それでもだめなら転職を考えるというスタンスが一番です。問題から逃げるだけでは新しい職場でも同じような問題にぶち当たるかもしれません。

Cキャリアプランを明確に描いていない
転職動機に待遇面を考える方は多いですが福利厚生や給与だけで考えている人は転職に失敗することもあります。長期的に自分のやりたいこと、キャリアアップのプランを考えて転職活動をすべきです。

そうはいっても転職はきっかけ

そうはいっても転職はきっかけです。後ろ向きな気持ちでスタートした転職でもいい職場に巡り合いキャリアアップしていく人も多くいます。成功するか失敗するかは、転職後の頑張り次第かもしれません。

おすすめ転職サイト

準備中