本文へスキップ

転職応援サイト、就職・転職・求人サイトの情報を公開

転職応援サイト、就職・転職・求人サイトの情報を公開

履歴書の郵送の仕方

就職活動にあたって企業に履歴書を郵送しなければいけない場合はどうすればいいのでしょうか?
「市販の履歴書についている封筒に入れればいい」「ポストに投函すればいい」のでしょうか?
実は応募先に対してできるだけ印象をよくしたいのであれば両方ともしない方がいいです。

封筒はA4・白

封筒はA4で白色のものが基本になります。市販の履歴書についている「履歴書在中と書かれた長封筒」は基本的にはアルバイトの場合のみです。基本はA4サイズの封筒を買ってそれに入れましょう。
色は茶封筒でも構いませんが、茶封筒は基本的に薄いので応募先に届いたときに破れていたりすると困るので、白のがっちりした封筒を選んでおくと無難です。

添え状(送付状)とクリアファイルに入れて

仕事の書類は「添え状(送付状)」をつけるのが基本です。履歴書を郵送する際も添え状は必要になります。
封筒を開けたら応募書類だけが入っているというのは、少し失礼に感じる方もいるかと思います。
さらに応募書類は新品のクリアファイルにいれて封筒に入れるのが基本です。
万が一、他の郵便物にもまれて強い力が加わっても、雨で封筒が濡れてしまってもクリアファイルにはいっていれば中身は無事に届きます。

郵送方法は日本郵便で郵便窓口で

直接ポストに投函する方法でも問題はありません。ですが、料金不足で戻ってきたり、戻って来るの時間がかかって募集が終わったり、さらにはポストの位置によっては宛先に配送され応募先が不足金額を支払ったりとトラブルの原因になることもあります。

何も貼っていない封筒を郵便窓口に持って行って、重さを測ってもらいその場で郵便局員に料金を払う方法がベストです。
郵便は普通郵便で問題ありません。募集期間がギリギリの場合は速達にしてリスクを避けた方がいい場合もあります。
メール便などでも届きます郵便局・日本郵便が基本です。メール便などは信書は配達できないことになっています。履歴書は信書にあたるので本当は配達できない方法で郵送してきたということで悪印象をもたれる可能性があります。

おすすめ転職サイト

準備中